校長あいさつ1

今年度からこの三和東中学校に赴任してきました校長の山﨑英男と申します。

本校の教育目標である「郷土に誇りをもち、たくましく生きぬく子を育てる」を踏まえ、今年度の組織目標を以下の2点

① ICTを効果的に利用し、主体的な学習態度を育てる 

② 感謝することを見つける習慣により、前向きな思考をもてるようにする

としました。

①について、本校では、県の指定を受けICTを活用した遠隔教育に取り組んできました。これまで学んだことを生かし、授業など、どのような場面でICTが有効かを自ら考え、主体的に学習していく力を磨きながら学力向上につなげていきたいと思っています。

②については、生徒が1日の学校生活を振り返る中で、感謝することを1つずつ記録して習慣化していけるようにします。身近なことに感謝することは、自己肯定感を高めることにつながり、人にも自分にも優しく、親切な行動ができるようになります。そのような子ども達を育てていきたいと思っています。

わたしは、三和東中学校の先生方や生徒の皆さんに「笑顔・あいさつ・感謝」を呼びかけ、温かい雰囲気で活気のある学校経営を行っていこうと考えています。また、地域の方々と交流する機会を数多くとることによって、生徒自らが地域のよさを発見したり、地域の方々へ感謝の心をもつことができるようになったりすることから、子ども達が自分の住む郷土に誇りをもち、大人になってもこの土地で暮らしたいと思えるようにしていきたいと考えています。

さらに、三和東中学校では、自ら考え行動できる生徒主体の活動を様々な場面で取り組んでいます。例えば、今年度の三和東中学校の生徒会スローガンは、「覇気~Change  Yourself~」です。生徒会が中心になって、全生徒にアンケートをとって決定したものです。これまでの自分たちの取り組みを見直し、自分たちができなかったことに意欲を持ってチャレンジすることで自分自身を変えていこうという意味が込められています。覇気は、表情や言葉、行動などに表れます。生徒の皆さんには、学校や家庭での学習や生活の場面で思う存分発揮していただき、今以上の自分に変わることを目指してたくましく成長してもらいたいと考えています。

これから三和東中学校の生徒や職員、学校や地域と力を合わせ、子ども達のために地域のためにできる限りのことを全力で努力していきます。

       新型コロナウイルスの感染状況がまだまだ予断を許さない状況ではありますが、皆さんの協力を得ながら、子ども達の安全を最優先にしながら、笑顔あふれ、あいさつが飛び交い、あたりまえのことに感謝できる学校を目指してがんばります。本校の教育活動に対する保護者の皆様,地域の皆様のご理解とご協力をいただきますよう,どうぞよろしくお願いいたします。